胃がんの治療

検査

胃がんの治療は、患部を切除するという方法が取られます。また、状態を確認するには内視鏡を体内に挿入することが必要であり、はっきりと状態について把握することが出来ます。

落ち込む

早期治療が肝心

医師

胃がんの治療における費用はその方法により異なります。根治できる段階であれば放射線を用いた治療がほとんどの場合で行われます。早期の段階であれば内視鏡を用いた手術が行われます。内視鏡を用いた手術であれば自己負担額は8万円ほどとなります。なお、入院期間の長さによってその金額は前後します。内視鏡を用いた手術の場合早期の胃がんに適用されることから手術を終えてからの抗がん剤による治療は不要となります。一方で開腹手術を行う場合にはその費用は高くなります。これは手術の技術料だけでなく、手術を終えてからの抗がん剤治療、定期的な検査が含まれるからです。入院期間にもよりますがだいたい40万円前後の自己負担となります。

胃がんの治療方法は開腹してがんの部分を切り取り、根治を目指すと言うものが一般的でした。しかしながら、胃のほとんどを切り取ることもあり、体への負担が大きいことが課題のひとつでした。最近では開腹手術も行われていますが放射線や抗がん剤と組み合わせた胃がん治療が行われています。また、ごく初期の段階の胃がんであれば内視鏡を用いた手術も積極的に行われています。また、縮小手術も行われています。これは腹部を切らずに行うことができる手術で、腹部に穴をあけて、そこからメスを入れてがんを切除するというものです。この方法であれば手術を終えてからの回復が早いことがメリットで体への負担も小さくすることが可能であると言えます。