副作用がない

落ち込む

がんの治療において免疫は大きな意味を持ちます。現在ではそうした免疫の力に注目した治療法が登場しており、大きな期待がもたれているのです。例えば、最近様々な所で話題になるNK細胞療法です。この方法では、採取した血液からNK細胞のみをを取り出し、活動的な状態にします。元々このNK細胞には敵とみなした細胞に対しての高い殺傷能力が備わっていることから、このように活性化して体内に戻すことで、より勢力が強くなるのです。そのため、より強い攻撃力でがん細胞を死滅させます。このNK細胞療法は、他の化学療法でみられるような重篤な副作用が通常起こりません。そのため、よりストレスフリーな状態で治療を行なうことが出来るのです。

このNK細胞療法は他の免疫療法と組み合わせて行なう場合もあります。こうした治療法では、それぞれの療法の組み合わせによって高い相乗効果を得ることが出来るのです。治療に伴う副作用なども軽減することが出来るとされています。このような複合的な免疫療法では、NK細胞と共に通常2種類の免疫細胞が使用されます。一回の採血で3つの免疫細胞を培養することが出来ることから、体の負担も少なく済むのです。他の免疫細胞は主にがんの細胞の選別に大きな力を発揮します。がん細胞の特徴を取りだした免疫細胞に教え込み、再び体に戻すことでより正確にがん細胞を見分け、攻撃対象を明確に特定出来るようになるのです。NK細胞療法と組み合わせることでより優れた効果を発揮することが出来ます。